そしていつも大事に思うこと

自然に暮らそう ぼくらがまだ小さかった頃、川に入って遊んでた。大きくなってぼくらは都会へ出て行って帰ってきてふと川を思い出したら水がすごく減っていた。 海が汚れる。雪もふらなくなってきた。沈んでしまうかもしれない国だってある。 どうしたらいいんだろう。 ぼくにできることは? 使わない電気を消すこと、なるべくゴミを出さないこと、ごはんは残さず食べること だけどぼくはみんなに知ってほしいことがある。 ぼくらの生まれた、ぼくらのそばで育った日本の木をもっと使うこと。 ぼくらは切られすぎて困ってる外国の木を買って切られなくて困ってるそばの木をほったらかし。山は自然のダムだから山の元気がなくなると、川の元気もなくなってしまう。おひさまのあたらないまっくらな山じゃおいしい空気もつくれない。 ノッティーのお店に来てごらん。扉を開けたら、森だから。 ノッティーの木の家をたずねてごらん。本物の木の床は大地だから。 木の家具をさわってごらん。そのあたたかさは、木がちゃんと生きているから。 木といっしょに、自然に暮らそう。